酵素とは

酵素はすべての生命体に存在していて、生体内の化学反応をスムーズに進行させる働きを持っており、生体触媒とも呼ばれます。
食べ物の炭水化物(でんぷん)やたんぱく質、脂質などを小腸で吸収できる大きさに分解する消化酵素の働きによって、人々は必要な栄養素を吸収して、エネルギーを体内で作り出すことができます。毛髪や皮膚の形成にも酵素が関与しています。
また麹カビの分解酵素を使って米のでんぷんを酵母が利用できる大きさに分解して、清酒、味噌、醤油、みりんを造るなど、人々は酵素の存在を知る以前から、自然の中の酵素を上手に利用して、食文化を築いてきました。
現代では微生物をはじめ、植物や動物からも様々な酵素が取り出され、洗剤や繊維加工、食品加工や医薬品、医薬中間体の製造など様々な分野で利用されています。
元来酵素は生体内成分のひとつなので、生物にとって穏やかな環境で作用します。このため余分な熱エネルギーなどを加えることなく、目的の物質を作り出すことができます。
また特異性が高いという特性を活かして副産物ができにくい製造方法を開発することもできます。
酵素でしかできない商品の製造のほか、収量アップや作業時間の短縮による製造コストの低減などに役立っています。