沿革

1899年

天野圓之助が配置売薬業を創業

1939年

天野源一 一般薬拡販のため中国進出

1948年

天野製薬株式会社設立
医薬用酵素(麦芽ジアスターゼ)の製造開始

1950年

西春工場操業開始
微生物消化酵素の製造開始(ビオヂアスターゼ)

1957年

天野式通気製麹装置特許取得

1960年

総合酵素研究所完成

1961年

食品工業用酵素の製造開始(グルクザイム)

1969年

名古屋工場操業開始

1970年

診断薬用酵素の製造開始(リポプロテインリパーゼ)

1976年

養老工場操業開始

1980年

中国での補償貿易(パンクレアチン)

1981年

Amano Enzyme U.S.A. Co., Ltd.設立(アメリカ)

1983年

欧州事務所開設(ドイツ)

1992年

Amano Enzyme Europe Ltd.設立(イギリス)

2000年

天野エンザイム株式会社に社名変更
岐阜研究所開設(岐阜県各務原市)

2001年

大和化成(株)の過半数の株式を取得

2003年

上海事務所開設(中国)
メキシコIGM社の全株式を取得(Amano Enzyme de Mexico s.a. de c.v.に社名変更)

2007年

Amano Enzyme China Ltd. 設立(中国)

2009年

Amano Enzyme Manufacturing (China) Ltd. 設立(中国)

2012年

Amano Enzyme Asia Pacific(AEA)事務所開設(マレーシア)

2013年

大和化成(株)を合併し、当社滋賀工場とする
Amano Enzyme U.S.A. Co., Ltd. 新社屋建設、開所