乳加工

乳製品をさらに香り高く

乳製品や乳加工食品を、
風味からもっと美味しくする。

加工乳やマーガリン、スナックやクラッカーといったお菓子類、ドライミックス、サラダドレッシング、ソース、スープ、などなど。私たちの周りには様々なバター風味やチーズ風味の加工食品があります。これらをより本格的な風味で、しかも手頃な価格で楽しめるように、酵素処理で作られたチーズフレーバーやバターフレーバーが世界中で利用されています。

酵素のチカラ

酵素処理チーズ・バターで、風味を高める!

・リパーゼのチカラ

乳フレーバーを高めるには、乳脂肪をリパーゼで分解することで作られる脂肪酸類が重要な役割を果たします。使用するリパーゼにより、脂肪を分解して出てくる脂肪酸の種類が異なるため、多様な香りを生成することができます。特にチーズ/バターフレーバーは、マーガリンや菓子、冷菓類を美味しくするために、今や不可欠なものになっています。(例えば、香りの低いヤングチェダーチーズなどにリパーゼを作用させることで、風味を高めることができます。)

また、チーズの場合はプロテアーゼを使用することで旨味を引き出すことができます。

チーズフレーバーの製造
バターフレーバーの製造

さらにこんな酵素も
お腹がゴロゴロする原因「乳糖」を分解する!

・ラクターゼのチカラ

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロして、腹痛や下痢を起こしてしまうことはありませんか?その原因となるのが乳糖という成分です。ラクターゼを使用することであらかじめこの乳糖を分解した牛乳を製造することができます。